良い油なら食べてもいい?

vol.472
画像の説明

三大栄養素といえば、
炭水化物
タンパク質
脂質
この3つの栄養素をバランス良く摂取する事が大切です。

これは、ダイエットやボディメイクを目指す人にも共通しています。

画像の説明

日本人の平均身長156㎝体重54.2kgの
30代の女性、

デスクワークで生活強度Ⅰ
(1時間未満の歩行)とすると

1日の消費カロリーは約1500キロカロリー
となります。

炭水化物、タンパク質は1g=4キロカロリー
脂質は1g=9キロカロリーですので、

上のグラフに当てはめる
炭水化物225g
(225×4=900キロカロリー)

タンパク質75g
(75×4=300キロカロリー)

脂質33g
(33.3×9=299キロカロリー)

でバランス良く摂取出来る計算になります。
画像の説明

ただし、
食品には、様々な栄養素が含まれて
いるので、

炭水化物といっても
白ご飯を225g食べたとして、
668キロカロリー

含まれる炭水化物は、88.3g
タンパク質5.6g
脂質0.67g
となります。

タンパク質ではどうでしょうか?
鶏ささみ300gで375キロカロリー
タンパク質81.9g
脂質3g
炭水化物0g

牛サーロイン300gで894キロカロリー
タンパク質52.2g
脂質71.1g
炭水化物1.2g

このように選ぶ食品によっては
脂質の多いものもあります。

タンパク質をたくさん摂るつもりが
脂質過多であったりするのです。

また、調味料の中に炭水化物、脂質が
含まれていたりもするので、

余分なカロリーをカットして
ダイエット、ボディメイクをしたい方に
まず気をつけて頂きたい栄養素が脂質です。

良い油を摂れば痩せるというような
イメージで取り扱われる事も多いですが、
それは、一番上のバランスを守り、

摂取カロリー〈消費カロリー
もしくは
摂取カロリー=摂取カロリー
を守った上でのお話になります。

実際には、食べ物を食べて痩せる事はありません。

消化を助けたり、
エネルギーになりやすかったり、
消化にエネルギーを多く使ったり、
血糖値を上げにくかったりといった
性質の食品はあります。

その効果を得たければ、
バランスの良い食事と運動を取り入れた
上で期待すると良いでしょう。

画像の説明

画像の説明

上の画像のバランスからも分かる通り、
年々摂取カロリーは減っているのに

脂質の摂取が増え、
生活習慣病、
糖尿病、
高血圧などの患者数が増加傾向になっています。

良質な脂質を摂ることは大切ですが、
まず1980年の画像を参考にして
全体の栄養素バランスを整えていきましょう!