ヒップアップのためのスクワット

vol.949

ヒップアップを目的にしたスクワットは、

いくつかのポイントがあります。

画像の説明

↑まずは、基本的なことですが、

体幹のS字カーブを維持することが
大前提で、

○体幹の傾斜角度をふくらはぎの傾斜角度よりも〈やや前傾〉に持っていくこと

○踵に重心を置くこと

この2つのポイントを
普段のスクワットよりも意識してください。

体幹の傾斜が垂直方向へ近くなってしまうと、

太もも前面に力が入りやすくなり、

前傾が強過ぎると、
腰、ふくらはぎ、さらにはこれも太もも前面に
力が入りやすくなります。

足幅のスタンス、膝とつま先の方向などは、

ベーシックのスクワット、
すなわち足は肩幅、

つま先と膝の方向は
真っ直ぐにしてください。

パーソナルトレーニングでは、
お客様のフォームを1回1回確認しながら、

修正が必要になると、
補助を加えていきます。

どうしてもスクワットの回数後半では、

フォームが乱れやすくなりますので、

修正が必要になることが多いです。