Tag: インナーマッスル

歪みを整えながら、体幹強化

歪んだインナーマッスル

DSC_1012 (169x300)

このようなよつばいでの、
片足と反対側の腕を上げて、

おなかと腰のインナーマッスルを鍛えるエクササイズは
有名ですが、

DSC_1011 (169x300)


このように
体幹部分が歪んだ状態で
キープしていることが多々見受けられます。

反対側の手足を上げた場合は、
歪みが小さいのに、

片側だけが歪むことが多いです。

我々の経験では、
圧倒的に右足&左手を上げた時に、

右肩と右側骨盤が近づいてきます。

これは、
日常生活や動きの癖からくる歪みが、

根本にあるために、
起こってきます。

このような歪みがある状態で
インナーのエクササイズをおこなうと、

歪んだままでインナーがアンバランスについてしまい、

美しい姿勢や足ヤセを
達成できにくくなるのです。

インナーマッスルエクササイズをおこなう前に、

ご自身にある歪みを
ある程度克服して、

シンメトリーに近い状態で
インナーマッスルエクササイズをおこなうことが、

美しいプロポーションを創るうえで、
欠かせない要素になってきます。

ストレッチポールエクササイズ

くびれ美人では、
パーソナルトレーナーの手で歪みを取っていくのが通常ですが、

体幹トレーニング時にもツールを使い、
お客様の動きの癖や歪みを抑えながらおこなうことがあります。

例えば、
DSC_0645 (169x300)DSC_0646 (169x300)

このようにストレッチポールを使いながら、
腹筋エクササイズをおこなうことで、

身体の軸を崩さず、
効果的なトレーニングとなります!

しかもこの道具を使うことにより、
背骨が伸びやすくなり、猫背姿勢を改善とした美姿勢創りやすくなります。

腰痛や膝痛、肩こりだけでなく、
むくみや冷え症予防にも

歪みや癖を抑えるトレーニングは大切になってきます。

くびれ美人のメルマガ

毎月250セッション以上の
実績が証明します。

自然にくびれができる
生活習慣が身に付きます。

くびれ美人のメルマガ登録(無料)

携帯:090-4697-4289

営業時間 06:00-24:00 年中無休