森本 秋子

【経歴】
平成11年〜  
某OA機器販売会社勤務。

平成15年~
医療福祉専門学校の理学療法士科へ進学。

平成18年〜
理学療法士免許取得。
某総合病院にて勤務。関節運動学的アプローチを中心とした理学療法を実施。

平成20年~
某総合病院へ転職。通所・回復期リハ病棟にて理学療法・在宅環境の調整・介助指導を実施。

平成29年6月〜
くびれ美人にて活動開始。

<メッセージ>
姿勢や運動、痛みの評価を行う上で重要な事項の1つに、関節連動が挙げられます。

例えば、股関節に痛みがある場合。
その原因は股関節そのものではなく、足関節の崩れから膝関節の歪みを引き起こし、そこから股関節が歪み、そして痛みへと繋がっていっている場合があります。

歪みや痛みの原因を明らかにした上で、弱化している筋肉は強化し、短縮している筋肉へはストレッチ等のアプローチを行う事で、姿勢や運動、痛み、可動域は変化していきます。

パーソナルトレーニングでは、個々人に評価し、効果的なアプローチを提案できるので、身体の変化を最短で実感していただけると思います。
是非、一度体験にいらしてください!