プロテイン摂取のススメ!

vol.1579

画像の説明

プロテインどんなイメージをお持ちですか?

飲むだけで痩せる?

筋肉ムキムキになる?

プロテインを飲んだら太るのでは?

そんなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

プロテインとは、タンパク質の事。

私たちの身体、筋肉、骨、内臓、爪、髪の毛などなどの原料となる栄養素です。

髪の毛が抜けたり、爪が伸びたりするのは、絶えず身体が細胞の合成を行い、新しい細胞と入れ替えているから。

タンパク質が少なくなると、細胞の合成が出来ないので、筋肉などを分解してしまいます。

年々減少する筋肉量を増やしたい場合、絶えず身体の中にタンパク質がある状態が良いと言えます。

ボディビルダーやプロスポーツ選手は、筋肉量を減らさない為に、3〜4時間置きにプロテインやサプリメントを摂取しますが、それは上記のような理由からです。

一般的な生活を送る私たちには必要ない?と思われますか?

食べ物が溢れている現代ですが、タンパク質の摂取量は年々減少しています。

画像の説明

ヘルシー志向が高まり、コンビニなどでも野菜を多く使ったメニューが増えてきていますが、低脂肪な良質のタンパク質は、ゆで卵やサラダチキンなど、そのまま職場で食べるのには、抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

ゆで卵1個辺りのタンパク質は約6g、タンパク質摂取量は、筋肉増量目的でしたら、体重1㎏辺り1.5g以上とされています。

体重60㎏でしたら、90g。卵15個分になります。

外食メニューを選ぶ時にも、タンパク質を多く含むメニューは、高価だったり、油で調理した物が多かったりしますよね💦

夜まとめて食べればいいか!と思われるかもしれませんが、一度に吸収出来るタンパク質は、20〜30gと言われており、全部吸収される訳ではないのです。

プロテインを食事代わりにする事はオススメ出来ませんが、朝は時間がなくて食べられない。昼食と夕食の間隔が長くお腹が空いて間食をしてしまう。という方には、是非プロテインを飲んで頂きたいです。

もちろん、3食もりもり食べて、プロテインを足すとカロリーオーバーで体脂肪になってしまいますが、タンパク質量を増やすメニューを選ぶ事が難しい方も、不足分をプロテインで補われる事をオススメします。

プロテインは、常温で持ち運び出来ますし、余分な脂質を摂取しなくてすみます。良質なタンパク質のみを摂取出来るメリットがあります。

筋力トレーニングとプロテインを上手く活用して、筋肉量を維持していきましょう!

画像の説明

くびれ美人パーソナルトレーナー前田 友紀