まずは脂質をカットしましょう!

vol.1586

身体のラインが崩れてきた。

年々お腹が出てくる。

少しずつ体重が増えてきた。

そんな時一番に気をつけるようにする事は、食べる量を減らす事ではないでしょうか?

糖質制限で○kg痩せた!というテレビや雑誌の記事を見る機会も多いので、とりあえず、ご飯を食べるのをやめてみたりしていませんか?

糖質が分解されて出来るブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源です。ブドウ糖が供給されないと、身体についている筋肉を分解してブドウ糖を作り出します。それ位身体にとっては必要な栄養素なのです。

糖質の代謝には水分が必要となるため、糖質1に対して水分が3の割合で結合するので、糖質制限をして減少する体重のほとんどは水分です。

見かけの数字に喜んで続けていると、筋肉量が減り代謝が下がってしまいます。この身体の状態で糖質制限をやめたり、運動をやめてしまうと、太りやすく痩せにくい身体になります。

無理な食事制限で代謝を落とした状態からまた過食をするリバウンド状態を繰り返してしまう事は避けなければなりません。

ボディメイクやダイエット、体脂肪減少を目指すには、1日3食のバランスの良い食生活を取り、今ある筋肉量は減らさない事がポイントです。

カロリー計算が複雑で面倒!と思われる方は、まず脂質をカットする事を意識してみましょう!

糖質は1g4キロカロリーに対して、脂質は1g9キロカロリーあります。

脂質をカットする意識を持つだけでカロリーを少なくする事が出来ます。

具体的には以下の事に注意してみましょう。

①揚げ物は避ける
②洋食より和食を選ぶ
③加工された食品より素材そのものを選ぶ

事を意識してみてくださいね。
炒め物もどれだけの油が使ってあるか分からないので、炒め物より煮てあるものを選ぶ方が良いですね。

中華料理は下処理で揚げてから炒めてあったり、片栗粉でとろみをつけ油と調味料が混ざっている事も多いので注意が必要です。
肉まんやあんまんの皮や具の中にラードなどが混ぜてあったりもするので、気をつけましょう。

ハンバーグやソーセージなどの加工品も風味や食感を良くするために脂質が混ぜてある事も多いので、なるべくお肉やお魚など素材そのものを調理してある物を選ぶ事もポイントです。

脂質も身体にとっては必要な栄養素なのですが、以下の表にもあるように食品中に含まれている事も多いので、余分な脂質をカットする事をまず意識していきましょう!

画像の説明

継続して続けていくためには、なるべくシンプルに日々行える小さな努力を積み重ねる事が大切です。

くびれ美人パーソナルトレーナー前田 友紀