疲れた時こそ動かそう!

vol.1656

皆さんは、疲れを感じたら何をしますか?

休息を取ろうと考える方が多いかと思うのですが、場合によっては、カラダを動かした方が調子が良くなることもあります。

様々な本や、インターネットでの情報、僕自身の経験上から言っても、運動して疲れた時以外は、動いた方が結果的に疲れは取れます!

デスクワーカーなどは特に、姿勢を保持するために筋肉は使っていますが、伸び縮みが無いと、筋肉は硬くなり、全身の動きは小さくなります。

実際に疲れているのは、考えるために働く脳と、頭を支えている首の筋肉ばかりです…

頭が疲れると、ダルさを感じますが、カラダの動きは小さくなる一方なので、実際にはそこまで疲労していません…

カラダは疲れていないので、眠りは浅く、疲れは抜けにくいです。

ただでさえ疲れているのに、これ以上動いたら余計疲れてしまう…

そんな発想になりがちですよね。

軽いウォーキングでも、体操に近いエクササイズでも構わないので、疲れを感じた時こそ、リフレッシュするために動く習慣を付けましょう!

今日はどこでも簡単に出来るエクササイズを4つ紹介するので、是非ご自宅等で行ってみて下さい!

まずは、上半身です。

肘を脇に向けて引き寄せ、背中全体を収縮させ、そのまま天井に向け手を伸ばします。

画像の説明

その動きを前後でも行います。

画像の説明

次は下半身です。

片脚立ちになり、両足のつま先を正面に向けます。骨盤が動かないよう真横に脚開きましょう。

画像の説明

お尻の横を使う感覚があればOKです👌

最後は、前後の動きです。

膝を上げたところから、後ろにキックをするように脚を伸ばしましょう!

画像の説明

この4つだけでOKです!

普段使われにくい、肩甲骨周辺やお尻の横の筋肉、縮んで硬くなりやすい脚の付け根の筋肉を動かすことができます!

それぞれ20回ずつを毎日おこなってみましょう!

疲れたら動かす!

意識してみて下さい。

広島のパーソナルトレーニングならくびれ美人へ!
広島パーソナルトレーナー
清水 幸一郎