腹式呼吸は吐く時の意識だけではダメ

vol.1666

くびれ美人のトレーニングでは、全てのお客様に一番最初に必ず行っていただくことがあります。

それは、腹式呼吸です!

鼻から息を吸い、お腹を膨らませ、口から吐きながらお腹を凹ませます。

皆さんも、お腹に手を当てて、腹式呼吸をしてみて下さい。

いかがですか?

スムーズに出来ましたか?

もう吐けないというところまで息を吐き、お腹をキューっと小さくしていきます。最後の方で、グッと力が入ってくる感覚があればOKです!

お尻の穴を頭の方に引き上げたり、腰が丸まらないようにしたりと、息を吐く時のポイントがいくつかあるのですが、今までのブログでも紹介しているので、今日は、息を吸う際に注意していただきたいポイントについて解説致します!

吐くときにお腹に力が入れば良いんでしょ?

と思われがちなのですが、ウエストを引き締めるためには吸う動作も正しく行う必要があります。

息を吸い、お腹を膨らませると、横隔膜が収縮し、下に下がります。

画像の説明

横隔膜は、肋骨の内側についており、きちんと働くと、内側から肋骨を引き締め、くびれに繋がります👍

肋骨が広がらないよう、お腹のみを膨らませることが出来ればOKです!

↓このようなイメージです。

画像の説明

どうしても肋骨が一緒に動いてしまう場合は、息を吸う意識を弱め、お腹を膨らませることをメインに意識してみましょう!

出来るようになった方は、息を吐く際も、お腹が凹まないようにしてみて下さい。

より横隔膜の働きを高めることができ、腹横筋というインナーマッスルも求心性の働きで活性化できます!

ただ、膨らませるだけではお腹が広がりやすくなるので、凹ませる方も行いましょう!

インナーマッスルを思い通りにコントロールして、くびれを作れるよう、座ったままでも練習してみて下さい!

広島のパーソナルトレーニングならくびれ美人へ!
広島パーソナルトレーナー
清水 幸一郎