筋トレ中の呼吸にも意識‼

vol.1766

有酸素運動でも呼吸法があるように、筋トレも、正しい呼吸法でより効果がupすると言われています。

基本の呼吸法は、筋肉が縮む(力を入れるとき)に息を吐き、筋肉が伸びる(力を抜くとき)に息を吸います。

吐くときは、しっかり息を吐ききって下さい!

腹筋トレーニングを例にすると、上半身を起こしたときに腹直筋が縮むので、このときに吐きます。床に下ろしたときは腹直筋が伸びるので息を吸います。

息を吐くと、腹筋が収縮し体幹が固定されます。

ベンチプレスでは、バーベルを上げたときに息を吐き、スクワットであれば、重心を下げるときに息を吸い、息を吐きながら立ち上がります。

筋肉が力を発揮するのは、縮まって負荷のかかった筋肉を伸ばしていくときに大きな力を発揮すると言われています。

筋トレ中に息を止めて行ってしまうと、血圧が上がってしまい、頭痛などの原因になります。
脳へ血液がいかなくなり、酸素をうまく運べず危険な場合もあります。

特に、筋トレ初心者の方は、呼吸法を意識しながら筋トレを行うことが重要です。

筋トレの種目によっては逆の呼吸法を行う場合もありますが、まずは、基本の呼吸法を身に付けましょう!

各筋トレ種目に合った呼吸をすることが大切です。

広島のパーソナルトレーニングジムならくびれ美人へ!!

パーソナルトレーナー
古本 絵美