何故甘いものは太る?

vol.1779

画像の説明

「甘いものは太る」

なぜでしょう?

多くの方は、高カロリーだから。

と思われているかと思います。
しかし、甘いものに含まれる砂糖は、糖質です。

糖質は1g 4kcal
タンパク質も1g 4kcal
脂質は1g 9kcal

カロリーだけみると、糖質だから高カロリーというのは、決して言い切れません。

砂糖のカロリーも、同じ炭水化物であるご飯やパンと同じです。

砂糖が太りやすい理由はカロリーとは別で、その構造にあります。

砂糖はブドウ糖(単糖類)と果糖(単糖類)が結合した単糖類に近い小さな分子(二糖類)で、すぐにブドウ糖と果糖に分かれて栄養として吸収されます。

吸収が早いと、血中の糖の濃度(血糖値)が上がりやすくなり、それを下げるためにインスリンが活発に分泌されます。

インスリンの分泌により、体内に糖が脂肪として蓄えられやすくなってしまいます。

これが甘いものが太りやすい原因です。

ダイエットにおいて、女性は甘いものへの誘惑との戦いだと思います。

是非参考にしてみて下さい!

広島のパーソナルトレーニングならくびれ美人へ!
パーソナルトレーナー
清水 幸一郎