むくみの原因は食べ物にもあるかも⁉

vol.1781

むくみの原因のひとつに、代謝の低下があります。代謝が低下したら、食べたものをエネルギーに変える働きや、老廃物を体の外に送り出す働きも低下してしまいます。

老廃物が体の外に出てくれないと、血液やリンパの流れが悪くなり、体の中に水分を溜め込んでしまいむくんでしまいます。

むくみの解消として、筋トレを行うことで筋肉量を増やし、代謝を上げる!ということは必要ですが、むくみは食事によって引き起こされることもあるのです。

むくみやすい食事には、「塩分のとりすぎ」、「野菜・果物不足」、「アルコールのとりすぎ」などがあげられます。

塩分はナトリウムが多く含まれています。このナトリウムを過剰に摂取されると、血管内に水分をため込み、むくみの原因になります。

野菜や果物不足は、ナトリウムの排泄を促進するカリウム不足に繋がります。
ただし、果物には糖分が多く含まれているものもあるので、食べる量と食べる時間には気を付けて下さい。

お酒を飲んだとき、体内にアルコール濃度を下げようと、水分を多くため込みやすくなります。

アルコールを多く摂取してしまった日は、しっかり水を摂取し、利尿作用で水分排泄を促進し、しっかり循環させると良いですよ!

食生活も見直してみる必要がありますね!

広島のパーソナルトレーニングジムならくびれ美人へ!!

パーソナルトレーナー
古本 絵美