腸内環境改善と運動の関係

vol.1845

美容や便秘解消だけではなく、運動の効果にも影響する腸内環境を整えて、さらにパフォーマンスを上げてみませんか?!

【腸内環境とは】

腸の主な働きは消化吸収と、病原菌から体を守る免疫機能です。
腸内環境は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類から構成され、バランスをとることで腸内の環境を保っています。

腸内環境がしっかり保たれている場合、運動において必要なエネルギーが不足してしまうことがなく、疲労回復に必要なエネルギーも吸収しやすくなります。

(運動で腸内環境を整える)

運動は血流を促し酸素が全身にめぐり、体に刺激が入ります。
気持ちが良いと思える運動は自律神経にも良い影響を与え、腸の活性化にも繋がります。

(食事で腸内環境を整える)

善玉菌を多く含む食品も継続的にとることで、腸内環境の改善に効果的です。

食物繊維 → 乳酸菌と合わせてとるのがおすすめです。海藻類、キノコ類、ごぼうなど。

オリゴ糖 → 牛乳、大豆製品など。

乳酸菌 → 発酵食品に多く含まれています。
ヨーグルト、チーズ、味噌など。

グルタミン → グルタミンが不足すると、腸内に殺菌やウイルスが侵入して病気になりやすくなってしまいます。肉、魚、卵、大豆など。

栄養バランスの良い食事・適度な運動など生活習慣を整えることで、腸内環境にも良い影響をもたらします。

健康・美容・運動と効果が期待できますので是非参考にされてみて下さい!

広島のパーソナルトレーニングジムならくびれ美人へ!!

パーソナルトレーナー
古本 絵美