なぜ痩せないか

vol.1964

『自分の食生活の何が悪いか分からない。』

食べてないのに、太っていて痩せられない女性に多い悩みかと思います。

そして、このような悩みを抱えている多くの女性に共通点があります。

食べてなさすぎを自覚してる?

先程のような女性は、とにかく栄養が足りてない事が多いです。

カラダにとって必要な栄養素を摂らなければ、体重は多少落ちたとしても、小太りからの脱却は出来ません。

『一生少食の小太りさん』の完成です。

何故食べなければならないのか?

それは、あなたのカラダが食べたもので出来ているから。

栄養不足は、見た目だけでなく、全身の機能不全に陥るのです。

最も重要な栄養素

では、カラダにとって最も重要な栄養素とは何なのか。

それは、皆さんご存知、タンパク質(protein)です。

プロテインの語源は、古代ギリシャの『プロテイオス』で、その意味は『最も重要なもの』だそう。

人間のカラダを簡単に訳すと『水+タンパク質』です。

筋肉・臓器・皮膚・骨・血液・髪の毛・爪...。

これら全ては、タンパク質から出来ています。

タンパク質が足りなければ、これらが全て上手く機能しなくなります。

それくらいタンパク質は重要なのです。

タンパク質。

タンパク質。

タンパク質。

呪文です。

食事量を減らして痩せない理由

少し話が反れましたが、食事量を減らしている女性が、何を減らしているのか。

これがポイント。

私がパーソナルトレーナーとしてダイエッターに携わり、痩せない女性の共通点として確信している事が一つあります。

痩せない女性は『ほんの少しパンとか麺食べて、ほんの少し間食して、野菜食べて、タンパク質が超不足している』という食事が圧倒的に多いです。

とくに、タンパク質不足は顕著です。

筋肉量が低下し、内臓は下垂し、皮膚はだらける。

代謝は落ち、ストレスが溜まり、甘い食べ物やしょっぱい食べ物に逃げる。

これを繰り返す。

タンパク質不足は、小太り状態から抜け出せません。

トレーニングを行い、筋肉にダメージを与え、最も重要な栄養素であるタンパク質を積極的に摂取しましょう。

あとほんの少し、トレーナーのアドバイス通りに食事バランスを整えたら、あなたのカラダはキレイになるはずです。

画像の説明

くびれ美人マネージャー
大久保 亮介

高校サッカーでの怪我をきっかけに、プレーヤーではなくトレーナーとなることを決意。

専門学校でトレーナーの基礎知識を習得後、山口県のSSSスポーツプラザ、全国大手の東急スポーツオアシスで活動。

2013年5月にくびれ美人でパーソナルトレーナーとしてデビュー。
2015年7月よりフリーのパーソナルトレーナーとして独立。

2016年4月㈱HATA立ち上げとともにくびれ美人マネージャー兼パーソナルトレーナーとして活動。

2018年12月現在、毎月180時間以上のパーソナルトレーニングを担当。