花粉症にはビタミンD

vol.1970

この季節、多くの方が悩まされているであろう花粉症...。

私もその一人です。

今日は、そんな花粉症を緩和できる栄養素をご紹介致します。

まず、はじめに

花粉症緩和に効果的な栄養素や食事管理については、様々な情報がインターネットに流れていますが、根本的には、食事のバランスを整えることが大切です。

しかし『免疫力』にフォーカスを当てたときは必ずしもそうではありません。

免疫力をコントロールするホルモンも、食事によってバランスが崩れてしまいますので、ある程度バランスを変えなければなりません。

摂取すべき栄養素

『免疫力』と聞くと、ビタミンC等を思い浮かべる方も多いと思いますが、アレルギー反応に対しては、ビタミンDも重要です。

ビタミンDで有名な働きは骨に関することですが、それ以外にも、リンパ球の抗体産生の抑制や、制御性T細胞の働きを調整する機能があります。

言葉が難しいですが、要するに大切なのです(笑)

ビタミンDは非活性型で体内に存在し、紫外線を浴びることで活性型ビタミンDへと変化するとされています。

ちなみに、紫外線を浴びる時間は短時間で構わないそうですが、直射日光が大切とのこと。

デスクワーク主体のお仕事が多い現代社会では、外出が少なく、これも花粉症の原因であるとも言われています。

最後に

この他にも、糖質管理(血糖値上昇の抑制)や、オメガ3と呼ばれる必須脂肪酸の摂取(アレルギー反応促進を阻害)も大切と言われています。

花粉症を緩和するために、病院でお薬をもらう方も多いと思いますが、日頃から栄養素を管理することでも、緩和を期待できますので、試してみてくださいね!

画像の説明

畑代表にも早く元気になってもらいたいです。

画像の説明

くびれ美人マネージャー
大久保 亮介

高校サッカーでの怪我をきっかけに、プレーヤーではなくトレーナーとなることを決意。

専門学校でトレーナーの基礎知識を習得後、山口県のSSSスポーツプラザ、全国大手の東急スポーツオアシスで活動。

2013年5月にくびれ美人でパーソナルトレーナーとしてデビュー。
2015年7月よりフリーのパーソナルトレーナーとして独立。

2016年4月㈱HATA立ち上げとともにくびれ美人マネージャー兼パーソナルトレーナーとして活動。

2018年12月現在、毎月180時間以上のパーソナルトレーニングを担当。