桃尻作りには横尻が大切

vol.1994

美尻エクササイズをご紹介!

キレイなお尻を作るには

お尻の横には、中殿筋と呼ばれる筋肉があり、この筋肉は、骨盤と足の骨を結ぶため、股関節の安定に欠かせない筋肉の一つです。

この筋肉の強化は、長時間の歩行による太ももの疲労感や、歩行時のお尻の横揺れを防ぐことが出来ます。

太ももの疲労による筋肥大や、お尻の横揺れによる形の崩れや垂れは、『キレイなお尻』の敵です。

特に、横に大きなお尻は、シルエット的にもあまり美しくはない...。

引き締まった“桃尻”を手にいれるためには、この中殿筋のトレーニング無くして叶いません。

中殿筋Exのポイント

画像の説明

写真のような姿勢になります。

【トレーニング中の意識】

・黄色の○(わき腹~お尻)で囲っているターゲットの部分に力を入れる意識。

・黄色の矢印(前腕・膝)の部分で地面を押す意識。

この2点がポイントです。

特に、2つ目はスルーされやすいので、しっかりとポイントとして抑えておいてください。

また、体幹部が大きく側屈しないように注意します。

余裕のある方は、上の足を前後上下に動かしてみても良いですね!

お家でも簡単に取り入れることが出来ますので、ポイントを意識しながら、ぜひ試してみてくださいね!

画像の説明

くびれ美人マネージャー
大久保 亮介

高校サッカーでの怪我をきっかけに、プレーヤーではなくトレーナーとなることを決意。

専門学校でトレーナーの基礎知識を習得後、山口県のSSSスポーツプラザ、全国大手の東急スポーツオアシスで活動。

2013年5月にくびれ美人でパーソナルトレーナーとしてデビュー。
2015年7月よりフリーのパーソナルトレーナーとして独立。

2016年4月㈱HATA立ち上げとともにくびれ美人マネージャー兼パーソナルトレーナーとして活動。

2018年12月現在、毎月180時間以上のパーソナルトレーニングを担当。