筋肉にも役割がある

こんにちは🌸
くびれ美人エグゼクティブトレーナーの松浦加奈です。

 

アウターマッスルは、ムキムキになる
インナーマッスルは引き締める

そんな認識の方も多くいらっしゃるようです。

たしかにアウターマッスルは、からだの表面にありボディラインに大きく影響しますが、ムキムキになってしまう…というようなデメリットばかりではありません。

今回は、インナーマッスル、アウターマッスルを鍛えるメリットをご紹介します。

 

アウターマッスルを鍛えるメリット

表層の筋肉、アウターマッスルを鍛えるメリットとは??

 

大きな力を出せるようになる

アウターマッスルは大きな力を発揮できます。

 

筋肉の質感、ボリュームを出せる

表層の筋肉なので、見た目を大きく変える事ができます。

 

筋肉量アップによる代謝向上

筋肉が増える事で、全身の代謝が上がり、ダイエットにも効果的です。

上の3つのメリットは、インナーマッスルではなかなか難しい効果なのです。

 

アウターマッスルばかりを鍛えるデメリット

アウターマッスルばかりを鍛えるデメリットもあります。

 

関節を粗大に動かす(不安定性)

アウターマッスルばかり鍛えると、関節の動きに不安定さが生じ、関節へ負担がかかります。
簡単に言うとケガをしやすいということです。

 

カラダのバランスが悪くなる

筋肉の質感はない、細いだけのカラダを目指すならば、筋肉のボリュームが出やすいアウターマッスルトレーニングはオススメではありません。
しかし、アウターマッスル自体は目的にもよりますが、鍛えて損はありません。

 

インナーマッスルのメリット

人間のからだは、骨の近くにインナーマッスルが存在し、表層にアウターマッスルが位置することが多いです。

 

関節を求心化する(安定させる)

からだの深層部にあるインナーマッスルは、関節周りをしっかりとサポートし、関節を安定させます。

 

カラダを細く見せる

内側から引き締めるので、インナーマッスルが活性化すると、からだが引き締まり細く見えます。

 

まとめ

まずは土台のインナーマッスルをしっかりと強化していき、その後にアウターマッスルトレーニングをバランスよく入れていくことが、多くの目的において必要になります。

 

特に女性においては、上半身のアウターマッスルが弱いことがあり、アウターマッスルを鍛えることで代謝が上がり、ダイエットやボディメイクがうまくいくことが多いです。

 

女性のからだは、ホルモン的に考えても少量のアウターマッスルトレーニングでは、筋肉が膨らむことは少ないので、ご安心くださいね。

アウターマッスルだけ、インナーマッスルだけでもダメ!

バランスが大切です。

 

くびれ美人エグゼクティブトレーナー
松浦加奈