インナーマッスルトレーニングFeature 04

Feature04

インナーマッスルトレーニングとはAbout Inner muscle training

インナーマッスルは、身体を細く見せる作用のある筋肉であり、対してバーベルや重い負荷のダンベルトレーニングでは、筋肉を膨らませる作用のあるアウターマッスルを刺激します。

コルセットを巻くと、ウエストが細くなりますが、人間の体内にも全く同じ作用をするインナーマッスルの筋肉があります。

そしてこのインナーマッスルは、関節を正しく動かす作用があると共に、姿勢を正しく重力に真っ直ぐ対抗できる作用もあるのです。関節を正しく動かす作用があるため、痛みの改善にも直結し、重力に対する身体の引き上げ効果があるために、下半身の筋肉太り改善にもなります。

ただ難しいことの1つに、インナーマッスルを効果的に刺激するのは、インナーマッスルが鍛えられやすいフォーム・角度・速度を適切におこなう必要があることです。

インナーマッスルトレーニングのつもりで、筋肉が大きくなりやすいアウターマッスルを刺激している方が多いのが事実です。

HATAメソッドのトレーニングでは、全身のインナーマッスルをアウターマッスルの代償なしで連結させ、そのトレーニングを有酸素的におこなうことで、細く引き締まったbodyを創ることができます。