体幹部のインナーマッスルを鍛えるためにこの筋肉を意識しましょう!

vol.475

体幹部のインナーマッスルとは、
腹部深層の筋肉で、
横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋からなります。

画像の説明

中でも特に意識して頂きたい筋肉は、
骨盤底筋です。

画像の説明

骨盤底筋は、筋肉の集合体で
腹横筋を始め、アウターマッスルの
腹直筋、腹斜筋とも繋がりがあり、

腹筋群が強く収縮すると
骨盤底筋が反応して収縮します。

エクササイズの方法としては、
横隔膜とも繋がりがあるため、
腹横筋を収縮させながら、腹式呼吸を
行うと良いです。

画像の説明

息を吐く時に、骨盤底筋を意識し、
お尻の穴を頭の方向へ引き上げるように
締めるようにしましょう。

また、内転筋とも繋がりがあるので
内ももにポールなどを挟むと
より効果が高くなります。

普段意識しづらい筋肉ですが、
重要な筋肉です。
エクササイズで鍛えていきましょう!