難しいライでのショットは背中が大切

vol.1654

ゴルフは、どれだけ大きなミスをしないかが大切なスポーツです。

トッププロの選手達でも、なかなか思ったようなボールを打てないと聞きますよね。

止まったボールを打つのに、同じスイングでボールをインパクト出来ない大きな要因は、毎回傾斜の違う場所でスイングしなければいけないことです。

コース内は起伏に富み、ティーショットでさえ若干の傾きがあります。

前後左右が上がったり下がったりすると、練習場とは全く違う重心の位置になります。

極端ですが、こんな形で打たざるを得ないシーンありますよね。

画像の説明

そんな中で思ったスイングでボールをインパクトするなんて、至難の業です。

とくに難しいライでのショットは、下半身をしっかり使って打つと、起伏の影響を受けやすいので、下半身を安定させ、上半身の捻転をメインにスイングすることがベターとされています。

ここでミスが増える方は、思ったように上半身が回らず、下半身でも動きを作ってしまう傾向があります。

肩甲骨周辺の筋肉が上手く使えず、背中が丸まってしまうと、捻転の可動域にこれだけ差が出ます。

画像の説明
画像の説明

これでは思ったように振れないですよね。

まず、背中を伸ばすための肩甲骨の動きのイメージを掴みましょう。

手を壁につき、肩を前に出すようにして、肩甲骨を外に開き

画像の説明

胸を壁に近づけるように、肩甲骨を背骨側に寄せていきます。

画像の説明

肩がすくむのはNG

画像の説明

この背中の筋肉を使うイメージのまま、軽めの重りを持ち、上体を前傾させます。

画像の説明

そのまま、ウエストを捻るように、重りを横に持ち上げましょう。

画像の説明

下半身は出来るだけ動かないようにしたまま動かすと、腹筋や脇腹、背中の筋肉が意識できると思います!

これができる方は、逆に下半身の動きをつけながら、捻りの安定感を高めていきましょう!

画像の説明
画像の説明

ブレなくできれば、安定したショットに繋がります!

是非トライしてみて下さい。

広島のパーソナルトレーニングならくびれ美人へ!
広島パーソナルトレーナー
清水 幸一郎