睡眠中にも脚は太くなる

vol.1790

睡眠中の姿勢をコントロールすることは難しいですが、睡眠開始姿勢をコントロールする事は、脚痩せや美尻作り、また腰痛の緩和に非常に効果的です。

今日は横向きの姿勢で寝る際の、下半身太り予防の方法をお伝えします。

画像の説明

横向きの姿勢で就寝される際は、太ももの間に枕などを挟むと、下半身太りや腰痛などの予防となるのですが、その理由として、横向きの際に何も挟まない姿勢では、太ももに傾斜が出来てしまうことが考えられます。

とくに女性は、男性に比べて骨盤が横に広いことが多いので、横向きで寝転がったときに、太ももの外側やお尻が常にストレッチがかかった状態になり、筋肉が過剰に伸ばされやすいです。

太ももの間に枕を挟むと、太ももの高さは一定で保たれ、太もも外側やお尻の過剰ストレッチを防ぐことができます。

女性は男性よりも、筋肉が柔らかいことも多いので、ぜひ睡眠開始姿勢で取り入れてみてくださいね!

広島のパーソナルトレーニングならくびれ美人へ!

広島パーソナルトレーナー
くびれ美人マネージャー
大久保 亮介