パーソナルトレーニング情報 1/29

vol.1857

【冬の脱水予防!】

冬のこの時期は、空気の乾燥により体から水分が失われやすいのと、夏に比べて喉が渇きにくいという理由で水分の摂取量が少なくなることから、日常的に脱水のリスクが高くなってしまいます。

特に子供、高齢者の方は脱水症のリスクが高くなると言われており、注意が必要です。

冬の日常生活において脱水の要因は2つにわけられます。

【外的環境】
●外気が乾燥している
●暖房で室内も乾燥している

【内的環境】
●水分を失っている自覚がない
●喉の渇きを感じにくい
●体を冷えてしまうのではないかと思い、飲むのを控える
●汗をかいている実感がない

主にこのような環境理由で、冬も脱水症になりやすくなってしまいます。

冷え性の方にとくにおすすめなのが「白湯」です。
白湯は体の内側と外側の両方から温めてくれると言われております。

こまめな水分補給は、血液の流れを良くし、代謝を高めて冷え性予防にも効果的です。

冬の時期も夏場と変わらず、日常的に水分をとるように、今からでも心掛けるようにして下さいね!

広島のパーソナルトレーニングジムならくびれ美人へ!!

パーソナルトレーナー
古本 絵美




【大坂なおみ選手のメンタルに学ぶ】

画像の説明

大坂なおみ選手の全豪オープン優勝!

本当に感動しました!

仕事が終わりに、第2セットの途中から観戦していたのですが、見始めた途端に連続失点...。

ポイントが取れないところで、フラストレーションが態度に出る場面もあり、これは立て直すのが難しいかなーと思っていました。

しかし、セット間でのtoilet breakから戻り、表情が一変!

第3セットにはいると、ポイントを取られても、表情を変えず、とにかく集中していました。

短いtoilet breakで、メンタル面の切替が出来たことは、優勝をぐっと引き寄せた要因だと思います。

世界No.1プレイヤー。

やはり成功者は、メンタルコントロールが上手いのだと感じました。

パーソナルトレーニングにも共通していることがあります。

ダイエット中、美味しいご飯やおやつを、ついつい食べてしまうこともあるかと思います。

仕方ない。

しかし、それがダラダラと長続きするようでは、間違いなく痩せません。

問題は、どれだけ早期に、上手く切り替えられるか。

次に自分が何をするのか。

『お菓子食べてしまって...後悔してます...』じゃダメ。

『お菓子食べたから、これから一週間、お菓子を辞めてプロテインを増やします!』みたいな感じの方が、間違いなく良いです。

くびれ美人マネージャー
大久保 亮介




【腸腰筋を働かせ腰痛を改善】

慢性的な腰痛や、ギックリ腰など、腰に不安を抱える方は腸腰筋という筋肉がうまく働きにくくなっているケースが多いです。

物を持ち上げたり、洗い物をしたり、顔を洗う時など、カラダの前で動作を行う際に股関節から上体を倒していけると、腰への負担を軽減できます!

画像の説明

そのために働いて欲しいのが、この腸腰筋。

画像の説明

背骨と骨盤から、大腿骨という脚の骨に付着しております。
脚を上げる動作と、骨盤を前傾に傾ける動作で働きます。

日本人は特に骨盤が後傾しやすいので、この腸腰筋が弱く、うまく働いていない方が多いです。

ご自宅でも出来るエクササイズをご紹介致しますので、椅子をご準備ください!

背もたれに手をつき、背中を伸ばしたまま、お尻を後ろに突き出すように股関節を曲げます。

画像の説明
画像の説明

脚の付け根を挟み込むようなイメージです👌

お腹の力が抜け、腰が反ってしまうと、逆に腰を痛めてしまうので注意しましょう!

画像の説明

骨盤がきちんと前傾しているのを確認しながら行ってみてください。

もも裏が硬く、うまく動かしにくい方は、膝をしっかり曲げていただいて結構です。

20回ほど行ってみてください!

YouTubeの動画でも紹介しました!
https://youtu.be/HM1yERz_dRw】

骨盤の前傾は、ヒップアップにも大切な要素ですので、是非トライしてみて下さい!

パーソナルトレーナー
清水 幸一郎